Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/sakaeclinic/www/acne-lab/wp-content/plugins/wordpress-23-related-posts-plugin/init.php on line 215

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/sakaeclinic/www/acne-lab/wp-content/plugins/wordpress-23-related-posts-plugin/recommendations.php on line 264

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/sakaeclinic/www/acne-lab/wp-content/plugins/wordpress-23-related-posts-plugin/init.php on line 440

Notice: Undefined offset: 0 in /home/sakaeclinic/www/acne-lab/wp-content/plugins/cta/assets/lib/Sabberworm/CSS/Parser.php on line 418

ニキビ跡の基礎知識

ニキビ治療

ニキビ跡とは?

思春期はホルモンの分泌が盛んになり、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、ニキビの症状が表れ気になるものです。

やっとニキビが治ったと思ったら、今度はニキビ跡でお悩みという方は大変多いのではないでしょうか?

ニキビ跡のお悩みには、赤みや色素沈着のように皮膚の色味に関するものから、凹凸、クレーター、肥厚性瘢痕・ケロイドなどのような形態に関するものまであります。

赤みや色素沈着などの色味であれば、その病態は表面にとどまっているため、時間をかければ自然治癒することもあります。
一方、凹凸やクレーターなどの形態上の問題は、問題の根が皮膚の深い層にあり、その実態は傷跡と何ら変わるところはありません。そのため凹凸やクレーター といったニキビ跡の症状は一度できてしまうと、残念ながら自然に治癒することはないと言えるでしょう。そのため、ニキビ跡のお悩みは非常に長期間にわたる ことになり、ご本人にとっては大変深刻な問題です。

ニキビ跡の種類と原因

赤み

赤ニキビはニキビに炎症が起こっている状態で、炎症が起こると毛細血管の造成が起こります。ニキビによる炎症が遷延したり繰り返したりすると、毛細血管が拡張したままの状態が長く続きます。その結果、赤みが持続することになります。

色素沈着

炎症反応が起こることによりメラノサイト(メラニン産生細胞)を刺激し、肌の色が茶色くなる色素沈着を生じることがあります。強い炎症反応が起こったり、肌の新陳代謝が衰えているきなどに、色素沈着が生じやすいです。

凹凸・クレーター

化膿性ニキビ(黄ニキビ)を繰り返し作ってしまうと、膿の自己融解作用により、真皮構造が繰り返し傷つけられ破壊されます。その治癒過程がうまくいかないと瘢痕(はんこん)ができ、皮膚の表面に凹凸が生じます。この状態がクレーターで す。また、故意に手でニキビを潰すことも皮膚の真皮層を傷つけることになり、クレーターを作る原因になります。

肥厚性瘢痕・ケロイド・しこり

化膿性ニキビを繰り返しできてしまうと瘢痕が繰り返し作られます。そうすると、コラーゲン産生をする線維芽細胞が過剰に刺激を受けてしまい、コラーゲンが過剰に産生されます。その結果、皮膚が硬く盛り上がり、ミミズ腫れのような状態になります。