Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/sakaeclinic/www/acne-lab/wp-content/plugins/wordpress-23-related-posts-plugin/init.php on line 215

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/sakaeclinic/www/acne-lab/wp-content/plugins/wordpress-23-related-posts-plugin/recommendations.php on line 264

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/sakaeclinic/www/acne-lab/wp-content/plugins/wordpress-23-related-posts-plugin/init.php on line 440

Notice: Undefined offset: 0 in /home/sakaeclinic/www/acne-lab/wp-content/plugins/cta/assets/lib/Sabberworm/CSS/Parser.php on line 418

ニキビ跡の色素沈着

ニキビケア

出来てしまったニキビを勢いでつぶしてしまう事ってありますよね。

後悔しても後の祭り。

ニキビをつぶしてしまったら、その後に待っているのは恐怖の色素沈着です。

このシミの様に残ってしまった色素沈着には実は大きく分けて2種類あることをご存知ですか?

 

1.紫がかった色素沈着

紫色の様に見える色素沈着は、ニキビが化膿してしまい炎症がおきると出来る場合が多いです。

肌の内部の毛細血管が破壊され、血液中のヘモグロビンが肌に残ってしまうのが原因です。

2.茶色の色素沈着

ニキビによって傷ついた肌細胞を守ろうとしてメラニン色素が過剰に生成されてしまうのが原因です。
更に、弱っている肌はターンオーバーが乱れやすく、メラニンが肌に残ってしまう事が多いのです。

 

ニキビ跡の特に茶色の色素沈着に効果があると話題のハイドロキノン。

メラニンを作り出すメラノサイトという色素細胞の数を減少させ、チロシナーゼというメラニンを生成する酵素の働きを抑制します。また、沈着したメラニンを炎色化する還元作用があるので、すでにできてしまったシミや色素沈着を薄くする働きもあるのです。

 

ハイドロキノン入りの化粧品を使用する上で注意すべき点もあります。

・使用量・使用回数を守る

ハイドロキノンを使いすぎると、皮膚の色が白く抜けてしまう、白斑という状態になってしまう可能性があります。

長期間使用を続けたり、濃度の高いものをいきなり使うのは避けましょう

 

・使用期限に注意する

ハイドロキノンはメラニンを還元するとても強い力がありますが、酸化しやすいという欠点もあります。

酸化してしまったハイドロキノンは刺激が強く、かぶれやアレルギーを引き起こし、色素沈着がひどくなる可能性もあります。

 

・UV対策をしっかりと行う

ハイドロキノンはメラニンを抑制する働きがあるため、肌の紫外線に対する抵抗力も弱まっている状態になります。
その為、日焼け止めクリームなどで紫外線対策をしっかり行いましょう。

 

ただし、ハイドロキノンはシミ・そばかすに対して使われることが多くニキビ跡に使う場合は、一度診察を受けることをお勧めします

コメント