ニキビのために出来ること

食生活

SAWA_saikyouteisyoku_TP_V

・外食やレトルト食品など偏った食事はなるべく避ける
糖分や脂質の多くなりがちな外食では、栄養のバランスのとれたメニューを選びましょう。
・動物性油脂はニキビの大敵、緑黄色野菜を摂る
摂り過ぎた脂肪や糖質は皮脂の分泌を活発にさせ、ニキビを悪化させます。

・コーヒーやタバコ、アルコールなどは控えめに
嗜好品そのものが刺激物になると同時に、身体のストレスになり、ビタミンCが消耗し、修復を遅らせます。

 

外出・身だしなみ

PAK85_lalaokesyounaoshiOL20140321_TP_V

・お化粧するなら、ルールを守ってポイントメイク
油性のファンデーションは正常な皮膚呼吸や皮脂の排出を邪魔し、よくありません。また、家に帰ったらお化粧はおやめに落としましょう。

・髪の毛がニキビにかからないように、ヘアスタイルを工夫する
おでこのニキビを前髪で隠そうとするのは逆効果。不潔になり髪の毛がニキビを刺激して悪化させることになります。
洗顔・お手入れ

・せっけんを使って、やさしくしっかり洗顔
朝と夕1日2回。せっけんをよく泡立てて、毛穴を詰まらせる皮脂を落としましょう。

・運動などで汗をかいたらすぐに洗顔、いつも清潔に
汗をかくと肌に汚れが付きやすくなります。背中にニキビがある人はシャワーで流したり、タオルで汗をよく拭きましょう。

・毎日の基礎化粧は化粧水で
ニキビ肌の人は皮脂の分泌が高いことが多いので、毎日の基礎化粧は最低限の保湿だけで十分です。
睡眠など

・夜更かしは大敵!睡眠をきちんととって規則正しい生活を
夜更かしは新陳代謝のサイクルを乱し、古い角質が毛穴をふさぎ、肌に悪影響を与えます。