ニキビ痕の治療とニキビの治療は違うの?

ニキビ痕の治療は肌の表面の色や凹凸を正常にすることで、ニキビの治療は炎症を抑えることが目的です。

ニキビ治療のいちばんの目的は活発な皮脂の分泌を抑え、菌を殺し、炎症を鎮めることです。

一方ニキビ痕の治療は、炎症後の色素沈着を薄くしたり、陥没した痕を修復することが中心になるので美容的な意味合いが強くなります。