ニキビケアに欠かせない洗顔方法!やってはいけない間違った洗顔

321cdd41b0bac76e4f18e5ffcdcec274_s

あなたの洗顔方法が間違っているかも!洗顔が原因で肌トラブルが発生する可能性は十分にあります。洗顔方法を見直し、正しいスキンケア方法を身につけましょう。

冷水や熱いお湯で洗っている

冷水で洗うことで毛穴が引き締まる感じがあるかと思いますが、これは冷水を浴びた30分程度のことで、毛穴がふさがるのではなく、急激な冷えによって縮むだけです。逆に、冷水で急激に肌が冷えることで赤ら顔や乾燥の原因になることもあり得るのです。

また、熱めのお湯を使うことで皮脂や汚れが落としやすくなりますが、皮脂を落とし過ぎてしまったり、お湯自体が刺激になったりと乾燥などの原因になることもあります。

ゴシゴシと強く擦るように洗っている

洗顔において「ゴシゴシ」と擦るのは絶対にNGです。
ゴシゴシ擦ることで摩擦が生まれ、角質を傷つけ乾燥肌や敏感肌の原因になってしまうのです。特に、目元や口元などは頬やおでこよりも皮膚が薄いので、力を入れないように洗ってあげましょう!

1日に何回も洗う(3回以上)

肌の脂っぽさが気になるからと言って、1日に何回も洗顔をするのは控えましょう。
肌には、ある程度の皮脂が必要です。過度な洗顔によって皮脂が少なくなると、肌は乾燥しやすくなります。その乾燥をどうにかしようと肌はたくさん皮脂を分泌しようとしてしまうことがあります。脂を減らすために洗顔していたのに、逆にオイリー肌を増長してしまいます。

タオルで擦るように拭いている

タオルは洗顔時よりも摩擦を与えやすいため、洗顔に気を付けていてもタオルで気を抜くと意味がありません。使い古したケバケバのタオルや、強く擦って拭くことで摩擦が生じ、乾燥の原因になってしまいます。

肌に合わない洗顔料を使っている

肌に合わない洗顔料を使うと肌がヒリヒリとしたり、洗顔料を使った後で肌を突っ張ってしまう場合、皮脂を必要以上に洗い流し過ぎてしまっている可能性があります。

3fc769f8bdca042152f12f8d0e441616_s

正しい洗顔

顔の皮膚は体の中でも特にデリケートで弱い部分です。洗顔での一番のポイントは、「擦りすぎない」ことです。肌への過度の摩擦や刺激は、肌荒れの原因になりますので、気をつけましょう。

1.手洗い

手はあらゆるところを触っているので、目に見えない菌がたくさん付いています。手についている雑菌などが顔に移らないように、まずは手から綺麗にしましょう。

2.ぬるま湯で洗顔

洗顔料で洗う前に、まずぬるま湯で洗、毛穴を開かせ、汚れを落としやすくしてあげます。顔を濡らさずに、洗顔料を顔につけると、摩擦が起きやすくなり肌への刺激が強くなります。

3.洗顔料を良く泡立てる

泡立てることで、肌と手の間にクッションを作り、摩擦を軽減してあげましょう!

4.力を入れすぎないように洗顔

皮脂の多い「Tゾーン」から、頬、目や口などの順に洗顔していきましょう。肌の上で泡を転がす感じで円を描くように、動かすのがコツです。

5.ぬるま湯でしっかりと洗い流す

洗面器にぬるま湯をため、動かさずに手の平を顔に近づけて、ぬるま湯を”付ける”という感覚で30回はすすぎましょう。
特に、「あご」「こめかみ」「髪の生え際」は泡が残りやすいので良く落としましょう。

6.清潔なタオルで水分を取り除く

清潔なタオルを顔に当てて、吸収させるようにして顔の水気を取り除きます。タオルは指よりも摩擦が起きやすいので、こすらないように要注意です。