毛穴パックのやりすぎ注意!!

毛穴の汚れや角栓を取ってくれるシートタイプの毛穴パック。剥がして見たときにパックに角栓がたくさんついていると、気持ちが良くてついついしょっちゅうしていませんか?

この毛穴パック、汚れや角栓だけでなく必要な肌表面の角質や油分・水分まで取ってしまうのです。

また、一度に皮脂を取ってしまうと、必要な皮脂を分泌するのに間に合わないばかりか、それを補おうとして皮脂を急激に出そうとしてしまうのです。毛穴パックって、剥がすときに結構痛いですよね。それだけ負担もかかっているということも忘れてはいけません。

更に、毛穴パックのような強い力で必要な角質層を剥がしてしまうと、一緒に潤いも奪われてしまうため、細胞の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れやすくなってしまうのです。年齢や場所によって異なりますが、ターンオーバーには1ヶ月かかるため、それよりも早いペースでパックするのは控えましょう。

パック後の肌は角質が剥がれ傷ついていたり、潤いが不足した状態になっています。パックが終わった保湿ケアをしっかりとするようにしましょう。

剥がし取るタイプのパックを行った後は毛穴が開いたままになっていますので、保湿ケアを行った後に保冷剤や氷をガーゼなどで包んで、パックした箇所を冷却して毛穴を引き締めす方法もあります。