Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/sakaeclinic/www/acne-lab/wp-content/plugins/wordpress-23-related-posts-plugin/init.php on line 215

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/sakaeclinic/www/acne-lab/wp-content/plugins/wordpress-23-related-posts-plugin/recommendations.php on line 264

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/sakaeclinic/www/acne-lab/wp-content/plugins/wordpress-23-related-posts-plugin/init.php on line 440

Notice: Undefined offset: 0 in /home/sakaeclinic/www/acne-lab/wp-content/plugins/amp/vendor/sabberworm/php-css-parser/lib/Sabberworm/CSS/Parser.php on line 430

ニキビ跡や色素沈着を防ぐために出来ること

ニキビ豆知識

 

出血による赤黒い色素沈着

これは、血液中の赤血球に含まれているヘモグロビンの影響による色素沈着です。ニキビに伴う炎症や化膿により、真皮の毛細血管が破壊されて出血が起こります。これにより、真皮に血液中のヘモグロビンという色素タンパク質が沈着してシミになります。ヘモグロビンを構成している、ヘムに存在する鉄は酸素と結合すると赤、酸素を離すと紫色となります。したがって、色素沈着は初めのころ紫色で、時間が経つにつれ赤黒い色となってお肌に残ってしまいます。時間と共に、マクロファージというお掃除細胞の働きで、徐々に目立たなくなってきます。

メラニンによる茶色い色素沈着

これは、黒い色素メラニンの影響による色素沈着です。メラニンは、日焼けやシミの原因としてよく知られていますが、本来は紫外線をはじめとする外部の刺激からお肌を守る役割があります。ニキビに伴う炎症や化膿により、お肌に有害な活性酸素が発生し、この活性酸素からお肌を守るためにメラニンが過剰に生成されます。

ニキビによって細胞が壊れている状態では、お肌のターンオーバーが正常に行われず、メラニンが過剰に残った結果、茶色い色素沈着となってしまいます。メラニンは本来黒色ですが、浅い部分にあると黒く、表皮から真皮浅層にあると茶色く、真皮中層より深い部分にあると青く見えるという特徴があります。

お肌が陥没している、いわゆるクレーターと呼ばれる凸凹の状態ではなく、純粋に色素沈着のみの場合なら、長い時間をかけてケアをすれば少しずつ薄くはなるでしょう。ただし、色素沈着がお肌の奥の真皮にまで達してしまうと、セルフケアでは太刀打ちできませんので、皮膚科専門医のいるクリニックでケアしてもらうことをオススメします。

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

ニキビ跡の色素沈着を防ぐためには

 

1.ニキビを触らない

色素沈着したニキビ跡をなんとかしようとする前に、まず、ニキビができたら絶対に触らず、極力刺激を与えないようにすることはとても大切なことです。

手で触らないのはもちろんのこと、髪がニキビにかからないような髪型を心がけましょう。
また、雑菌がニキビに触れないように、常に寝具や顔を拭くタオルを清潔にしておくことも大切です。

2.紫外線対策

ニキビ跡の色素沈着を防ぐという目的以外でも、美容の大敵と言われる紫外線による日焼け防止は、日頃から心がけましょう。日傘や帽子、日焼け止めなどを用いて、お肌を保ちましょう!

3.規則正しい生活

肌は、定期的に生まれ変わっています。古い角質がはがれ落ちるこの生まれかわりのリズムを整えるために、規則正しい生活を心がけることはとても大切です。

特に、睡眠と食事に気を付けましょう。夜は早めに寝て、朝はしっかりと起き、栄養バランスの取れた食事を取りましょう。忙しい方にとって、毎日規則正しくというのは難しいかもしれませんが、30分早く寝るようにする、1食だけでも自炊するようにするなど、できることから心がけてみましょう。

4.優しいスキンケア

ニキビを防ぐことにつながりますが、お肌は非常に繊細です。自宅でのスキンケアも、肌に刺激を与えないように優しく行うことを心がけましょう。

肌に負担を与えることで、ニキビの原因となることがあります。洗顔は、ごしごしとこすってしまいがちですが、泡を転がす感じで円を描くようにして汚れを落とすようなイメージで洗顔しましょう。

タイトルとURLをコピーしました